• English
  • Chinese
  • Japanese

設立のご挨拶

アニメの制作事業をやるのは、私にとっての長年の夢でもありました。
ゲームのパブリッシャーが、運営するタイトルをさらに良い形で盛り上げるためには、様々な要素が必要です。アニメはその手段の一つといえます。
しかし、昨今のアニメ業界は例え15秒のPVだとしても、制作するためのラインがなかなか空かず、自分たちがベストだと思うタイミングでなかなかアニメPVが投入できません。そのため、自社のコンテンツを一番良い形で見せるためにも、自分たちでアニメの制作会社をやるしかないと思いました。
また、中国や韓国のゲームの代理パブリッシャーでもあるYostarは、日本で未公開の情報を出したとしても、SNSの発達により、ゲームを開発している本国ですでに情報が出ていて日本に伝わっている場合があり、これでは日本のユーザーも真心を感じられません。これに対し、日本から世界に向けて初として発信できるアニメコンテンツを用意することで、パブリッシャーとしての努力が示せると考えています。
今回発表した『アークナイツ』のPVのようなものはもちろん続けて行きますが、優秀なクリエイターの皆さんと一緒にチャレンジしていくためにも 『アズールレーン びそくぜんしんっ!』のアニメ映像化やその先にも視野を入れていきたいと思います。

株式会社Yostar / 株式会社Yostar Pictures 代表取締役 李衡達