• English
  • Chinese
  • Japanese

映像監督さとうけいいち氏がYostar Picturesの制作顧問に就任 新規オリジナル映像作品の制作を始動

株式会社Yostar Picturesは2021年1月6日、多彩な映像を手がける監督さとうけいいち氏が当社の制作顧問および新設されるオリジナルIP部門の責任者として就任したことをお知らせいたします。

 

さとうけいいち氏は、実写、アニメ、デザインワークなど様々な分野で活躍され、その作品たちは多くのファンに愛されています。
日本でも話題を集めた作品を世に送り出されており、TVアニメ『TIGER & BUNNY』(2011年)の監督やOVA『鴉 -KARAS-』(2005年)の原作・監督、劇場アニメ『GANTZ:O』(2016年)の総監督、実写では『黒執事』(2014年)の監督を務められており、またその名声は国内に留まらず、劇場アニメ「アシュラ」(2012年)ではアヌシー国際アニメーション映画祭にノミネートされるなど、さとうけいいち氏ならではの作品作りは、海外でも高く評価されております。

今回の合流より、さとうけいいち氏のヒットメーカーとしての優れた才能と、それをバックアップするYostarグループのリソースが融合することで、大きな相互効果が生まれることが期待されます。
なお、当社取締役 稲垣亮祐が代表を務める合同会社アルバクロウも、さとうけいいち氏のマネジメントを中心とした事業に参画し、関係者が一体となった協力体制を構築して参ります。

また、さとうけいいち氏が中心となり原作開発を務める新たなオリジナル映像作品の制作も決定いたしました。詳細に関しましては、後日お知らせいたします。

 

▲さとうけいいち氏

▲新規オリジナル映像作品のイメージ

 

【会社概要】
社名:株式会社Yostar Pictures(ヨースター ピクチャーズ)
住所:〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町300番住友不動産秋葉原駅前ビル11階
代表取締役:李衡達
事業内容:アニメーションを中心とした映像制作。
http://www.yostar-pictures.co.jp/

【さとうけいいち氏について】
数々の名作を生み出し、国内外にその名を轟かすクリエイター。
活躍は実写、アニメ、デザインなど多岐に及び、多方面から注目されるコンテンツメイカーである。
主な作品は『鴉 -KARAS-』(2005年)、TVアニメ『TIGER & BUNNY』(2011年)、映画『黒執事』(2014年)、劇場アニメ『GANTZ:O』(2016年)など。

【本リリースの報道機関向けのお問い合わせ窓口】
株式会社Yostar(ヨースター)
担当:明瀬・柴田
TEL:03-5846-8348
Add:press@yostar.co.jp